クラウドPBXとは

クラウドPBXでは、通常の電話システムで必要なPBX(機内電話交換機)の導入が必要なく、インターネット接続環境さえあればすぐに利用できます。

通常な電話システムだと、現地での電話回線工事やシステム保守契約が必要となりますが、クラウドPBXだとそれらが全て不要となります。結果的に運用コストを大きく消減することができ、御社の経費消減に貢献できます。又メンテナンスによるサービス停止の心配もありません。

日本に拠点を置く当社のクラウド電話サービスは、Mitel、SNOM、AEI, グランドストリームなど多数のVoIP電話をiPBXのデータセンターおよびネットワークと接続します。

これにより、高価なPBXを導入することなく、世界の主要なグローバル企業が利用している、次のような便利や機能やサービスを利用することができます。

• スマートフォンアプリでの電話の受送話
• WEB会議
• 金融会社、コールセンター、研修施設の音声録音
• メールにFAX送信、Fax over IP(FoIP)
• デスクトップ共有とコラボレーション(資料共有、チャット、グループ会議等
• 冗長システム
• インスタントディザスタリカバリ/事業継続計画(BCP)
• IR (インベスターリレーションズ) イベントのカンフェレンスブリッジ
• カスタマーサービスセンター
• CRM(願客管理システム)との統合
• SugarCRM、Office365との統合

多くの会社の電話システムは、オフィス又はデータセンターなどに設置されています。このシステムは非常に信頼性がありアイネオ(iPBXの親会社)は1997年以来、iPBXサービスを提供する企業として、この分野に関して非常に豊富な知識を備えています。当社のチームは、Avaya、Cisco、Mitel、ShoreTel、Alcatel、NEC、Oki、Panasonic、その他多数のシステムのメンテナンスに携わってきたスペシャリストです。

iPBX Hostingサービスは2010年から運用されており、2011年に当社のパートナー企業に公開され、2012年には全てのお客様がご利用頂けるようになりました。iPBX Hostingのクラウド電話サービスは、東京に拠点を置くアイネオ株式会社のTRIBE Support技術サービスチームが構築したものです。

どこに行くときでも

オフィス環境をお手元に。

iPBXクラウド電話サービスアプリを使用すると、スマートフォンをオフィス機器として利用できます。ちょっとした外出先や国内出張、海外出張でさえも対応しています。つまり、どこにいてもオフィスのデスクにいるときと同じ環境が手に入ります。