JobsinJapan

会社名: Spectrum Consulting Japan 合同会社 (JobsinJapan日本在住外国人向け雇用案内サイト) 
ウェブサイト:www.jobsinjapan.com 

Jobsinjapan.com外国人雇用の大手ではありませんが、日本で外国人従業員雇用するには、有益な手段であると言えますJobsinjapan.com英会話、販売、飲食業(ホテルおよびレストラン従業員)、ITおよび営業などの業界に定評があります。

無駄なく、有意義機能的な仕組み 

仕事を探している人にとって好ましい求人サイトとは幅広い職種をスマートフォンで素早く簡単に検索することが可能で希望する条件が揃った時点で素早くお知らせするアラート機能と、応募の際に柔軟性を備えていることが求められます。 

雇用にとって好ましいサイトと柔軟性手頃な価格をかけ備えたサイトを意味します。 求人費用の最安値帯15,000円から用意されており案件に必要な外国人求職者向けの巨大な市場に必要なすべての内容が含まれます。案件はソーシャルメディアや幅広いメディアパートナーを通じて告知されます(すべての案件は、Indeedでも紹介されます)。これらの機能は弊社が把握している限り、他社では実現していない内容です。 

 

弊社おすすめの機能にApplication Questionnaire応募アンケートがあります。これは、貴社の案件に応募する際に、貴社で用意したカスタムアンケートが求職者に渡される機能です。雇用主はしばしば応募者に対し経験、資格、在留資格、言語能力などについて尋ねます。アンケートと加算点数に対する答えはカバーレター履歴書と共に提出されます。点数を見るだけで、求職者履歴書を確認することに値する人材かを判別することができるのです。 

 スペクトラムコンサルティングジャパンは柔軟性があり効率的会社です。東京駅近くに事務所を構えておりますが、実際に東京事務所で担当者に会うことは極めて稀なことになると思います。 弊社従業員の大半は遠隔作業をしております。 CTOは英国に在住しており業務執行社員東京事務所において不在です。チーム全体が一ヵ所に集まることは年に数回で、対面式の会議は必要性があるときのみに開催します。正社員(フルタイムは1名のみで、その他の全員がパートタイムで勤務しております。 

 これは、チームとして機能していないというわけではなく、むしろとても順調に運営しておりま社内において政治的な駆け引きはなく、目標と責任明確なのでお互いに信頼しているからでしょう。何か助けが必要な場合は、同僚に会議を開くよう依頼します。従来の会社では人間関係をおろそかにしているかもしれませんが、弊社ではお互いに有意義な関係を維持しています。 

 会うべきか、否か 

最初は、東京の従業員と毎週チームミーティングを行うことを試みました。ほとんどの企業では一般的なことだと思います。しかし、この行為は会議を開くために会議を開いているだけであることは誰の目からも明らかでした。さらに、全員が同時に同じ場所に集まることは不可能でした(会社は主にパートタイムおよびフリーランスの従業員です)。 メールでチームとすでに共有されている情報、またはその人の仕事に関係のない情報を調べていました。会議中に気を散らすことが発生し、誰もが会議をさらに延長するのを待っていたのです 

 

私は人と会議の時間を数えて会議の費用を算出しました。会議の費用が、生産性の低下につながりました。会議がなかったら、どれだけの仕事ができたかは含まんでいません。 

 出先でのチャットとコラボ 

従業員同士でiPBX Circleを使用し、弊社すべての従業員が自分のPCやスマートフォンにソフトフォンを入れています。これにより、場所を選ぶことなく電話をかけたりることができます。あらゆる束縛からの解放かけがえのないものです。 

 ある従業員が個人的な理由でしばらく米国に戻った際に、PC上でiPBX電話を「東京03」番号としてそのまま使用することができました。彼の取引先は担当当時地球の反対側にいたことを知る由もなく、通常どおり電話をしてきました。唯一妨げられたことを挙げるとするならば、彼の睡眠がそれに該当するでしょう 

 

お問い合わせ 03 4550 6800