デール・カーネギー・ジャパン・トレーニング―最高水準のサービスのために

デール・カーネギー・ジャパン・トレーニング―最高水準のサービスのために

デール・カーネギー・ジャパン(DCJ)は、長年日本に住む著作家グレッグ・ストーリー氏が指導するトレーニング会社です。同社は、トップ企業がセールス・チームを建て上げたり、マネージメントのリーダーを育てたり、プレゼンテーションのスキルを教えたりするのを助けることにおいて、大きな影響力をもっています。

デール・カーネギー社は日本で常に、人々がベストになるよう、またベストのツールをもつよう励まし続けています。彼らは各地の中心街にオフィスをもち、日本語と英語で働いています。テクノロジーは、あらゆるビジネス・プロフェッショナルのツール・ボックスの、不可欠な要素です。時は移り変わり、あらゆる物事がクラウドに移行しています。DCJは時代を先取りして、2013年に電話システムをクラウドに移行しました。しかし残念なことに、その時採用されたクラウドPBX電話の会社は、約束通りのサービスを提供できず、DCJがビジネスへのサポートのために折々にリクエストすることに応えることができませんでした。

DCJはフラストレーションを感じ、今年の7月、その会社との契約を打ち切りました。自分たちは他のビジネスが最高水準のサービスを得るよう手助けする企業であるのに、低水準のサービスに甘んずることはできない、と考えたためです。DCJは日本のコミュニケーション・サービス・プロバイダー(CSP)市場を注意深く調査しました。コミュニケーション・サービス・プロバイダーは、クラウド電話会社とも呼ばれることがあります。デール・カーネギー社は3社を評価した後、iPBXhosting.comおよびiPBXサークル・プラットフォームを選択しました。DCJは現在日本で、電話、モバイル・アプリ、チャット、ファックスのすべてを、iPBXサークルのジオ・リダンダントな(サービスがダウンしない)クラウドを使って運用しています。

関係の構築には努力が必要です。サービス・プロバイダーにとって(特にクラウド・ベースのサービスの場合)、サポート、信頼性、未来の成長への道筋は、不可欠です。デール・カーネギー社はシステムを変更するという難しい決断をしました。企業は次のことを覚えていなければなりません。あなたのビジネスであなたが妥協して保ち続けているもの、それが成長を妨げることを。あなたのチームの可能性を最大限に引き出す方法を知るには、この、DCJのウェブサイトをご覧ください

デール・カーネギー・ジャパンは、日本で最も急成長しているクラウド電話ネットワークを享受しています!

ネットワークへようこそ、DCJ!