Insights

Insights, iPBX Blog / 29.05.2019

マイクロソフトは、1992年にWindowsを発表して以来、企業内でデスクトップシステムを牛耳ってきた。デスクトップの売り上げ、サービスライセンスの販売により、数十年にわたりライセンス販売に固執し、クラウドサービスへの参入が出遅れた。 グーグルは、Google Apps(後にGスイートと命名)を導入し許容範囲を広げ、マイクロソフトはより熟練したCEOに変わりようやくクラウドビジネスに参入。Office 365は、マイクロソフトで最も成功している製品の1つである。O365はクラウドベースの電子メール、連絡先、およびカレンダーを持ち、ユーザーはメールサーバーの各種設定という苦労から解放された。 At Work しかしながら、マイクロソフトは一連の製品に電話または通話タイプのサービスを導入したがが、あまりうまくいっていない。アドレス帳との優れた統合や世界中の何百万ものユーザーにもかかわらず、Skype for Business(当初はLync、その後Skype for Business、現在はTeams)は、会社の従業員のチームにとって「通話をする際に不可欠なもの」ではあるまい。もちろん、多くの企業は従業員をプラットフォームに強制していますが、選択肢のある企業ほど率直である(別の通話サービスを選択している) Skype For Businessとは一体何なのか?Teamsは最良の選択肢なのか? 実際にはTeamsアプリそのものは大丈夫かと考える。チャット機能を持ち、実際に電話をかけることができる。でもやはりうまく統合されていない。サービスを利用している人はこう言っている。   マイクロソフトがコミュニケーションに関することを理解しているようには思えない。 通話品質の問題(通話の中断や低い音質)があるため、電話機の配置として使用するのは簡単ではない。 Microsoftはこれまでのデモではうまくいくと証明したにもかかわらず、Skype / Teamsは経験上、会議室やAV機器とうまく統合できていない。 サービスとメンテナンスは、Microsoftの都合によるものである(ユーザーが置いてきぼりを食らっている) アップグレードとメンテナンスはユーザーグループに対して行われるが、多くの場合、会社全体がさまざまなバージョンのMSサービスに参加している。 マイクロソフトは多額の資金を得ている会社である。故に、同社は開発に多大な労力を費やしており、コミュニケーションビジネスの競争に強引に割り込むことを恐れていない。米国ではスタッフが大きく変わり、日本ではさらに混乱が生じている。彼らはそれを何とかして軌道修正するかもしれないが、彼らは彼ら自身の時間枠で働いており周りが見えていないと思われる。 Skype For BusinessとTeamsは優れた製品のように見えるが、MSが本社の誰かからの「ビジネス上の決定」に基づき、製品をサポートしないと決定したとき、ユーザーにとっては悲劇の始まりである。 現時点の結論は何だろうか? Skype for Business / Teamsは少し不格好に見える。ユーザーは、最終的にSkype For BusinessやTeamsを使用して顧客と連絡を取るための効率的な方法を見つけるかもしれないが、今のところ、プラットフォームに強いられている従業員は、結局は自分の携帯電話を使用し、アドミンや管理チームには活動が見えない。今のところ、Link / Skype For Business / Teamsサービスがどのように進化するのかを見ていく必要があるが、極力彼らが再び名前を変更しないことを願うばかりだ。 音声電話、チャット、会議、コラボレーション・・・iPBX hostingをぜひご検討下さい。 お電話03 4550 6800    http://www.ipbx.tvまで。 Happy Communicating. ...

Insights / 02.04.2019

Apple Watch Version1,2, もしくは3を購入したことのある人にとって、新しいApple Watch Version 4の実行可能性に疑問を持つだろう。簡単に言えば、Steve Jobs亡き後の製品は日常生活に欠かせないものになっているであろか。 “Why Would I Give Away My Apple Watch? “の記事を読んだことがあるかもしれないが、我々のようなテクノロジー人間はAppleファンなのに係わらず、Apple商品に興味あまり示さなかった。そして2018年秋、ついにAppleはApple Watch Version 4が発売された。同じ形、同じバッテリー性能ではあるが、果たして画期的だろうか? Apple Watchは毎日欠かせないもの? 結論から先に言うと、Apple Watch Version 1~3は買わず、4から始めた方が良さそうだ。早い、表示領域もある、そして使い勝手が良くなってきている。 ・時計自体、表示領域も広く2種類から選べる。44㎜モデルは外で運動するには最適である。 ・Cellularモデルを使っている時は、時計から話しているなんて思わないだろう。 ・Siriに関してはもう少し改善が必要だが、タイマー、アラーム、ミーティング設定、ワークアウト開始&終了の設定に関してはGarminより優れている。 ・ワークアウト・トラッキングの直感性は優れている。楕円、サイクリングやランニングといった動きを感知し、記録をするかを聞いてくる。 Apple Watchの不満をしいて言えば表示かもしれない。綺麗だが、普段画面は眠っている状態。画面を常に点いているようにできたら、 Appleが自慢しているロレックス腕時計表示の売りが可能になるだろう。昨年購入した Apple Watchを中古で売ろうとしたら購入時の値段の20%戻ってきたら幸運。ここ数年、ロレックス腕時計の値段は財布に優しい特に日本では。 Apple Watch の大きな欠点は電池の持ちが短い、使い方によるが大体1.5日分。ほとんどの時間、画面は暗くなっているか点いてない。 Apple Watchを買うべきか? Apple Watch シリーズ 4を買うべきかは明快ではない。もしこの腕時計の機能を活用できるのであれば買うだろう。ただし毎年新しいバージョンは発売され、先程説明した機能は入っている。結果的に、 Appleは我々のテクノロジーに対する洞察を読んでいるだろう。 Apple Watch シリーズ 4の一番いいところは、 iPBX Circle @iPBXhosting.com 通知との互換性が抜群! AINEOの新しい洞察はまだまだ続く!...

Insights / 02.04.2019

Apple Watch Version1,2, もしくは3を購入したことのある人にとって、新しいApple Watch Version 4の実行可能性に疑問を持つだろう。簡単に言えば、Steve Jobs亡き後の製品は日常生活に欠かせないものになっているであろか。 既に“Why Would I Give Away My Apple Watch? “の記事を読んだことがあるかもしれないが、我々のようなテクノロジー人間はAppleファンにも係わらず、Apple商品に興味あまり示さなかった。そして2018年秋、ついにAppleはApple Watch Version 4が発売された。同じ形、同じバッテリー性能ではあるが、果たして画期的だろうか? Apple Watchは毎日欠かせないもの? 結論から先に言うと、Apple Watch Version 1~3は買わず、4から始めた方が良さそうだ。早い、表示領域もある、そして使い勝手が良くなってきている。 ・時計自体、表示領域も広く2種類から選べる。44㎜モデルは外で運動するには最適である。 ・Cellularモデルを使っている時は、時計から話しているなんて思わないだろう。 ・Siriに関してはもう少し改善が必要だが、タイマー、アラーム、ミーティング設定、ワークアウト開始&終了の設定に関してはGarminより優れている。 ・ワークアウト・トラッキングの直感性は優れている。楕円、サイクリングやランニングといった動きを感知し、記録をするかを聞いてくる。   Apple Watchの不満をしいて言えば表示かもしれない。綺麗だが、普段画面は眠っている状態。画面を常に点いているようにできたら、 Appleが自慢しているロレックス腕時計表示の売りが可能になるでしょう。昨年購入した Apple Watchを中古で売ろうとしたら購入時の値段の20%戻ってきたら幸運です。ここ数年、ロレックス腕時計の値段は財布に優しいです(特に日本では)。 Apple Watch の大きな欠点は電池の持ちが短い(使い方によるが大体1.5日分)。ほとんどの時間、画面は暗くなっているか、点いていない。   Apple Watchを買うべきか?   Apple Watch シリーズ 4を買うべきかどうかは明確な答えはない。腕時計の機能を活用できるのであれば買いである。ただ先程説明したような機能入りの、新しいバージョンは毎年発売されるだろう。 もちろん、Appleも我々のテクノロジーに対しては見抜いているだろう。   Apple Watch シリーズ 4の一番いいところは、 iPBX Circle @iPBXhosting.com 通知との互換性が抜群! AINEOの新しい洞察、まだまだ続く!...

Insights / 02.04.2019

Apple Watch Version1,2, もしくは3を購入したことのある人にとって、新しいApple Watch Version 4の実行可能性に疑問を持つだろう。簡単に言えば、Steve Jobs亡き後の製品は日常生活に欠かせないものになっているであろか。 もう既に“Why Would I Give Away My Apple Watch? “の記事を読んだかもしれないが、我々のようなテクノロジー人間はAppleファンにも係わらず、Apple商品に興味あまり示さなかった。そして2018年秋、ついにAppleはApple Watch Version 4が発売され、同じ形、同じバッテリー性能ではあるが、果たして画期的だろうか? 果たしてApple Watchは毎日欠かせないもの? 結論から先に言うと、Apple Watch Version 1~3は買わず、4から始めた方が良さそうだ。早い、表示領域もある、そして使い勝手が良くなってきている。 ・時計自体、表示領域も広く2種類から選べる。44㎜モデルは外で運動するには最適である。 ・Cellularモデルを使っている時は、時計から話しているなんて思わないだろう。 ・Siriに関してはもう少し改善が必要だが、タイマー、アラーム、ミーティング設定、ワークアウト開始&終了の設定に関してはGarminより優れている。 ・ワークアウト・トラッキングの直感性は優れています。楕円、サイクリングやランニングといった動きを感知し、記録をするかを聞いてくる。 Apple Watchの不満をしいて言えば表示かもしれない。綺麗だが、普段画面は眠っている状態、画面を常に点いているようにできたら、 Appleが自慢しているロレックス腕時計表示の売りが可能になるでしょう。昨年購入した Apple Watchを中古で売ろうとしたら購入時の値段の20%戻ってきたらラッキー。ここ数年、ロレックス腕時計の値段は財布に優しいです(特に日本では)。 Apple Watch の大きな欠点は電池の持ちが短い(使い方によるが大体1.5日分)。ほとんどの時間、画面は暗くなっているか点いていません。 Apple Watchを買うべき? Apple Watch シリーズ 4を買うべきかどうかは明確な答えはない。腕時計の機能を活用できるのであれば買いである。ただ先程説明したような機能入りの、新しいバージョンは毎年発売されるだろう。 もちろん、Appleも我々のテクノロジーに対しては見抜いているだろう。 Apple Watch シリーズ 4の一番いいところは、 iPBX Circle @iPBXhosting.com 通知との互換性が抜群! AINEOからの新しい洞察はまだまだきます!...

Insights / 16.05.2018

記事:デイヴ・ミッチェルズ 少し前の映画になりますが 2016 年の映画「ハドソン川の奇跡(原題 Sully)」を楽しく鑑賞しました。ネタバレ注意: 主人公がハドソン川に不時着する映画です。 クラッシュで、強制的に水上への不時着を余儀なくされます。この映画は不時着が英雄的に結果となるか、失敗に終わるかに焦点を当てています。そして実際の緊急不時着は一切の失敗がなく印象深いものでした。しかしながら最初のシミュレーションでは2 つの異なる空港での滑走路での着陸が可能というもので現実は予測不可能でした。 この映画の重要なポイントは、国家運輸安全委員会の調査員が真剣に物事をとらえるかということに問題提起を試みています。シミュレーションでは人的ミスの要素まで考慮できていないため、おかしな対策であると述べています。もし人的ミスによる不時着の場合、人はコクピットで制御不能に陥ることとなってしまいますね。 更に映画の中で、人が緊急事態にどのようなアクションを行うかをポイントとして描いています。主人公は手が付けられなくなる前に問題を特定し最初の処置を施し、修正を試みるプロセスがあります。このシミュレーションは鳥との衝突後にすぐに空港に戻るというものです。実際のフライトにおいて、操縦者と彼の最初のオフィサーはいくつかの修理措置を試みます。その確認中にエンジンがだめになってしまうわけですが、滑走路への着陸は除外されてしまいます。この状況は彼らが診断と復旧作業の30秒後に起きてしまうのです。 映画は主人公がヒーローとして締めくくられます、そしてもう戻らないと述べます。彼は重大な決断を数秒のうちに行い、その結果大惨事を回避しました。しかし彼は人的な対策として正しかったかは疑問です。 本ポストをお読みの方の中には、いつか将来完全な無人自動操縦の飛行機でフライトを経験されるかもしれませんね。近年では自動車の自動操縦が実現しつつあります。同じことが陸だけでなく空にもやってきます。コンセプトとしては空においては陸より車・バイクや歩行者などの障害物が少なく難易度は低いとされていますね。 少なくともこの映画では、主人公は問題箇所の特定に混乱することになります。そして彼はどんなパイロットでも同様の状況に対する訓練が行われていないことを指摘します。一般的に、乗客を満載にしたフライトにおいて両エンジンを低い高度で失ってしまうという重大な危機は起きないからです。これは知識ではなく経験が乗客全員を救ったのです。 もてはやされている自動操縦ですが、依存しすぎることへの警告が描かれています。自動操縦は高度とコースを沿うには素晴らしいのですが、予期せぬ出来ことに対しては反応できないのです。自動操縦は実は古くからある技術ですが、新しい技術ではAIによって近年の課題となる、すばやい変更への対応が徐々に良くなっています。AI はまだ実績が少なく急速に成長する分野ではあります。しかし将来の自動運転ボットが人間を上回るという理由はなく、経験豊富なパイロットには簡単には置き換わらないはずです。映画の中で主人公とクルーたちは連続的に仕事をこなします。未来では自動操縦を行うボットが同時にコミュニケートとアクションを行えるようになり、緊急時のエンジンの診断と復旧を試みるステップを踏むはずです。未来の自動操縦ボットは必然的にそうなるはずですし、最終的には人間よりも安全となるでしょう。 すでに現時点でもパイロットは不足していて、更にこの状況は悪くなることが予想されています。しかし連邦航空局がパイロットに加えてサブのパイロットでのフライトを承認すれば、完全自動操縦の時代が到来し、最終的にはコクピットもなくなっていく可能性があります。 これが予期する重要なことは、飛行機は離陸できて、着陸できて、近距離での飛行を可能とし、現存の空港の許容量を更に広げることとなります。パイロットが操縦する飛行機に対するハイジャックの危険性も低下することになるかもしれません。 主人公は人間性を模索したのではなく、本当に起きた危機的な状況で合理的な判断と対応を模索したのです。一番最初のシミュレーションでは滑走路への着陸が可能というものだったにもかかわらず、シミュレーションは現実に沿っていないことが判明してしまいました。AI が成長すればするほど、「経験」をボットとシミュレーションに反映させていく必要があるのです。この結果は不測の事態に対する対策の必要性が明らかなためです。Originally published on https://talkingpointz.com/the-humanity-of-ai/...

Insights / 26.10.2017

iPBX Circle と iPBX Classic の違いとは? もし誰かが、貴社のオフィスに電話システムを売ろうとしているならば、彼ら自身がサービスを運営していることをご確認いただくことをお勧めします。場合によっては導入費用が完全にお金の無駄になってしまいます。また、今後の電話の殆どがインターネットプロトコルを利用する IP 電話になろうとしています。 監視カメラ、プリンター、TV、カメラ、ビデオ製作、車、冷蔵庫、そして考えうるすべてのものが、新たにインターネットに接続され、Internet of things (IoT)へと舵を切っています。 貴社のオフィスにおいて電話システムを新たに導入するには、リスクとコストになる場合があります。 もし電話システムがダウンしたならば、外界とのコミュニケーションを失うことを意味します。多くの場合、貴社の評判やお金の両方をを失うこともあります。オフィスに導入する電話システムは月額料金を払う必要があり、維持やサポートに要するコストもあるため一般的に高価です。でも、賢いプロフェッショナルたちは電話をクラウドに置くという選択をしています。 最初に(iPBX Classic) iPBX Hosting は弊社 AINEO Networks が 2012 年にサービス開始しており、前年の 2011 年から運用を行っています。iPBX Classic は便利なモバイルアプリをご利用者様に提供しており、ビジネス電話をいつでもどこでも使える最初の iPBX プラットフォームとして現在も多くのご利用者様から評価いただいております。 次に(iPBX Circle) iPBX Circle は iPBX Hosting の次世代のクラウドコラボレーションツールです。 クラウドにはモバイルアプリのすべての機能が実装されているだけでなく、複数のパワフルなコミュニケーションツールとなります。 なぜなら iPBX Circle は: - 従来の iPBX Classic 以上に安定した通話が可能。 - チームメンバーは個々のチャットに対応。 - プロジェクト運営やコラボレーションを実施可能。 - 文書の保存、共有、などビジネスに必要な共同作業に適しています。 - コンピュータにカメラがついていればビデオ会議を個々やグループで開催可能。 iPBX Circle は貴社にビジネスコラボレーションのすべてを提供します。 もし貴社がすでに iPBX Classic...

Insights, iPBX Blog / 11.10.2017

信じられるものを販売する もしあなたがシリアスなビジネスマンとして認められるために最も重要なことは、ご自身が信じている製品を販売または関わることと考えています。 もし貧弱なデザインの製品を売るならば、売った後はいい加減なサービスとなるか、1年以内に壊れてしまうようなものとなる場合もあり、こういったものを売るべきではないと信じています。 また粗悪な製品やサービスは、その後、社員たちが壊れた製品の対応に追われ、沢山のメール、チャット、電話サポートに時間を費やされ、多くの報われない負荷が待っています。 こういったことから良質でない製品は人的コストが増え、更には貴社の評判をも落としてしまいます。 iPBX において我々は、金融、製造業、製薬会社、人材会社をはじめとする iPBX Circle ユーザーにカスタマーサービスを提供しています。そして信頼できるプラットフォームを使用してビジネスを効率化・加速化します。 iPBX (AINEO グループ)においては、電話機や導入するアプリケーションは事前に厳重にテストを行い動作確認後に販売を行い、高い質のサービスを供給します。我々のゴールはコスト効果のみならず、ビジネスに効くソリューションを提供させていただくことです。 もし皆さんが信じられる製品を販売するなら、それは貴社のさまざまな仕事の助けとなるでしょう。 そして現在、我々は iPBX Hosting が皆様にとって"信じられるクラウド電話" としてお使いいただけるよう 最良のサービスであるよう心がけて対応させていただきます。  ...

Insights, iPBX Blog / 09.10.2017

iPadProはマックブックを越えられるか? あなたが私達と同じタイプの人なら今まで購入したiPadが一つということはないでしょう。初代iPadにカメラが搭載されていないかったのは市場戦略だったのであろうことは広く知られています。実際カメラはバージョン2で搭載されました。そして、タッチID機能、Retinaディスプレイなど様々な新機能がついたiPadMini(おそらく日本で最も人気のサイズ)の登場です。"次のiPad"を購入する理由です。企業もこれを歓迎しました。インテリアの会社はカタログを提示するために、レストランは注文どりを自動化するために持ち歩き利用しました。しかし、iPadが資料作成用というよりは読み込み用の機器であると人々が感じた時、その売り上げは大きく落ち込みました。 そこでアップルはiPadProラインアップを引っ提げ再びやってきました。iPadProユニットは事業者のニーズに対応できるように作られています。より速いプロセッサー、4スピーカー、スマートキーボードへの新しいコネクター、同時に発売したApple Pencilへの強姦性などを備得ています。 iPadProはラップトップを越えられるか? その答えは、あなたのラップトップの利用のし方によるでしょう。ネット検索、音楽や映画の鑑賞、あるいは仕事上のメールのやりとりなどにはiPadProは非常に優れています。Smart Keyboardはやや小さめですが、旅行時などはラップトップは必要なくなります。しかしワードやJPGなどに多くの修正を加えるような場合にはラップトップの方が便利です。 iPadProの有効性とは Apple Pencilは文書のちょっとした編集や保存、あるいはチームでの共有には非常に有効です。常に持ち歩くのにも良いサイズですし電池寿命もすばらしい。一度の充電で一日仕事ができます。ただし一日中タブレットを見続けることはあまり身体に良いことは言えませんが。iPadProの起動が速く、使いたい時にすぐ使い始められますし、メモをとるのも紙に書くように手軽です。 結局としては、コスト面を考えるなら、Mac Book 12と良質なスペックをおすすめします。iPadProは同等、あるいはそれ以上の価格になってしまいます。しかし、もしあなたが最新のテクノロジーを好み、金銭的な問題がなければ、iPadProを楽しみいただけるでしょう。...

Insights, iPBX Blog / 03.10.2017

iPBX FAXサービスの紹介 今でもファックスを使うことがありますよね? iPBXサークルならばチームの情報共用を実現し、複数のファックスを同時に送受信することも出来ます。 詳細はこちらからどうぞ。 ...

Insights, iPBX Blog / 03.10.2017

ホテルのPBX電話システムをクラウドへ! 近年、日本人気は非常に高まっています。それには理由があります。日本には素晴らしい食文化、興味深い観光地やアクティベビティーがあり、とても友好的な人々がいます。昨年日本を訪れた観光客は前年の2倍にあたる1億9700万人でした。バスの数を増やしたり、新しい建物を建てたり、とりわけホテル業界は国内の事業を拡大することでこの動きに対応してきました。 ホテルを新たに建設する時、一般的にはプロパティマネジメントシステム(PMS)を導入します。これはメッセージ、モーニングコール、ミニバーの管理などあらゆる点において客室とフロントを繋ぐものです。iPBXホスティングを利用すれば高額な内線交換器を購入したり、融通のきかない納入業者の言いなりになる必要はありません。すべての解決策がiPBXにはあります。iPBXホスティングのホスピタリティークラウドはホテル並びにその他の集客施設での総合的なサービスの提供を可能にします。細々したシステムの購入は必要ありません。 iPBXのgeo冗長データセンターに接続することで、事業継続計画のすべての問題が解決でき、ホテルなどのリモデリングや新設にかかる費用を削減することができるのです。 iPBXホスティングのフルクラウドベースのホスピタリティシステムについて気軽くを問い合わせください。...

お問い合わせ 03 4550 6800