BCP (事業継続計画) 対策

BCP (事業継続計画)とは、自然災害、大火災、テロ攻撃などの緊急事態に遭遇した際に、事業継続を可能とするためにとる対策のことです。緊急時に事業がストップしてしまうと、顧客の信用を失ってしまったり、業績の悪化に繋がってしまいます。特に中小企業にとっては、廃業の恐れもあります。企業にとってそのような緊急時に、どれだけ企業の機能や役割を継続して行えるか、早期回復ができるかが重要となります。

クラウド型オフィス電話がBCP対策になる理由

N

PBXやゲートウェイ等のハードウェアが必要ない

火災や停電等オフィスが使えなくなっても電話を使うことができる

N

スマートフォンでオフィス電話を使うことができる

感染症等で自宅から出ることができない場合でもオフィスの電話番号で発着信ができる

N

インターネット経由での通話

地震等の災害時に、電話回線がパンクしてもインターネット経由のため通話ができる

N

電話会議ができる

どこにいても複数ですばやい情報共有が可能

ぜひオンプレミス型 PBX や他社クラウドサービスと比較してみてください。