BCP対策・電話

先日、東京でも23cmの積雪を記録し、帰宅時に交通網がマヒするほどの大雪は記憶に新しいかと思います。まだ日陰や道路の端に雪が残っていますもんね・・
こんな時、パッと思い浮かぶのが BCP 対策。対策していますか?

BCP対策

 BCPとは、Business continuity planning の略で、日本語では事業継続計画のことです。災害などが発生した場合でも、事業を中断しないよう対策をとりましょうというのが、BCP 対策。近年対策をしている企業も多いとは思いますが、先日の大雪では「BCP 対策」は実際に役に立っていましたか?

 まさに、このような緊急時には日頃の BCP 対策で大きな差が出ますね。帰宅困難者を防ぐことができましたか?できなかったのなら、具体的に対策を考えなければなりませんね。

 「業務継続のためなら社員が帰れなくても構わない」なんて企業はないかと思いますが、このままでは実際にさらに大きな災害が起きた際に、怪我だけでは済まないでしょう。事業継続なんて以ての外です。

大雪の日、アイネオではどう機能したか?

 弊社の場合、クラウド型の電話サービスを提供しているため、通常業務の他にサポート業務もあり、受付ができない状態にはできません。

 夕方以降に大雪という予報だったため、首都圏は帰宅時の交通網の混乱が予測されていました。
弊社では、帰宅困難にならないよう早めに退社し、在宅ワークに切り替えるという対策をとりました。常に電話を受け付けられるよう、14時半頃から半分の社員が帰宅し在宅勤務を開始したら、残りの社員を帰宅としました。

 年末に一度 BCP 対策として一部在宅勤務を実践していたため、突然でしたがスムーズな在宅勤務への移行ができ、業務に支障はありませんでした。とは言っても、まだまだガイドラインを整備する必要があると感じた部分もありましたので、定期的に実践しないといけませんね・・

スムーズな在宅勤務には「電話」が重要

在宅勤務を検討するにあたり、まず会社の電話をどうしよう・・オフィスでしか会社の電話を取れないという企業も多いかと思います。
ここで便利なのが、クラウド型のオフィス電話サービス。最近よくクラウドを耳にする機会も多いと思いますが、社内の電話交換機(PBX)をクラウドにする方法です。インターネットを介して電話交換機(PBX)を利用するため、スマートフォンまたは PC にアプリを入れるだけで、どこでも会社の電話番号で発着信ができるのです。

今回の場合、弊社ではクラウド型オフィス電話システムがスムーズな移行を可能にしました。スマートフォンのアプリで会社の電話番号を発着信していたので、場所を考える必要はありませんでした。

いきなり電話交換機(PBX)をクラウドにするのは不安、使い勝手がわからないなど、少しでも興味のある方はぜひお問い合わせください。
コミュニケーションツールも利用できるので、弊社のサービスは電話だけじゃありませんよ・・!
詳しくはコチラ <最強のコミュニケーションツール iPBX Circle

お問い合わせ / デモ依頼

お気軽にご相談ください!1営業日以内に返信いたします!

電話でのお問い合わせ
03-4550-6800

(営業時間:平日 9:30 〜 18:00 /祝日除く)